最終章第3話その4「九天の乱 -下-【IF】」

※IFストーリーです。 本編はIFストーリー完結後です。 【英雄の死】 エンタンに援軍へと向かったライデン軍。 それでも、戦の状況は変わらない。 ついに、ライデンを除く全ての国が・・・滅んだ。 ~ランデン国本城 城内~ ピカチュウ「・・・私のせいだ・・・」 エレザード「・・・・・・それはちがいます」 ピカチュウ「私がエレザードさんの言葉に耳を傾けていれば・・・…

続きを読む

最終章第3話その3「九天の乱 -中-【IF】」

※IFストーリーです。 本編はIFストーリー完結後です。 連合軍を圧倒したリュウ軍は、勢いに乗じ ゴドラ・ム・ヒョウといった近接する国を次々攻略していった。 一方、ピカチュウは、敗走した将兵を連れ、ライデン国にまで退却せざるを得なかった。 ライボルト「そうか・・・リュウはそれほどの力を・・・」 ピカチュウ「ごめんなさい・・・プテラさんも・・・・・・」 エレザード「・・・・・・…

続きを読む

最終章第2話その2「九天の乱 -始-【IF】」

※IFストーリーです。 本編はIFストーリー完結後です。 ピカチュウ「エレザードさんの策が成るまで持ちこたえないと・・・」 プテラ「お前らっ!ここを踏ん張れば逆転の目ができるはずだ!耐えろっ!!」 アマルルガ「状況はあんまりよくないね・・・」 ピカチュウ「・・・あれ、あなたは残ってるの?」 アマルルガ「身軽で大きくないポケモンが望ましいそうだからね」 プテラ「なら、リュウ軍を…

続きを読む

人物紹介(小説)

【♪】 ここは、小説の人物紹介をするページです。 随時更新される予定です。 【真名について】 基本的に明かされるまで不明。決して人前では言わないように。 ~主人公~ 種族:ピカチュウ 真名:ピリリ 性別:♀ 役職:ライデン国王女 好きな物:甘いもの全般 両親 エレザード 嫌いな物:辛い物全般 虫 武力:不明 指揮力:不明 知力:不明 この小説の主人公。お姫様。僕っ…

続きを読む

最終章第2話その1「九天の乱 -序-」

※ギャグ寄りにしたいですが、真面目です。 ピカチュウは手紙を読んでいた。 ピカチュウ「・・・・・・!?」 エレザード「どうされました?」 ピカチュウ「・・・・・・」ザッ エレザード「姫様?」 ピカチュウ「・・・今すぐ準備して」 エレザード「は?準備・・・ですか?」 ピカチュウ「・・・急いで、エンタンに向かうよ」 エレザード「・・・わ、分かりました!」 ~エンタン…

続きを読む

最終章第1話「自分の意思で」

※キャラ崩壊の可能性大。 ある日・・・・・・ ピカチュウ「エレザードさんは、僕の言う事なんでも聞いてくれるよね?」 エレザード「はっ!姫様のご命令とあらば」 ピカチュウ「一緒にお風呂に入ろっ♪」 エレザード「・・・・・・・・・」 エレザード「もう一度、お伺いしてもよろしいか?」 ピカチュウ「一緒にお風呂に入ろっ♪」 エレザード「・・・お断りいたします」 ピカチュウ「…

続きを読む

第4章最終話「平和への歩み」

ヒードラン「・・・これは・・・・・・」 ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・ ウルガモス「まるで、巨大な隕石・・・!」 レックウザの“ガリョウテンセイ”によって レックウザが凄まじい勢いで急降下してくる。 メガボーマンダ「ククク・・・・・・クハハハハハハハ!」 戦神メガマンダ「・・・これほどの力があるとは・・・・・・」 ゲンシグラードン「・・・どうすればいいんだ!」 ピカ…

続きを読む

第4章第3話「信じる思い」

【専用BGM】 メガレックウザ「・・・・・・」“ドラゴンクロー” ゼクロム「ふんっ!」ガシィッ メガボーマンダ「クク・・・・・・」ガッ 戦神メガマンダ「ぐっ!」ガッ ゲンシグラードン「“ストーンエッジ!”」 ゲンシカイオーガ「“れいとうビーム!”」 ビュウゥゥゥゥゥゥゥ・・・・・・ 謎の乱気流が攻撃を妨げた。 ピカチュウ「“10まんボルト!”」…

続きを読む

第4章第2話「仲間がいる」

エレザード「ピカチュウ様!どこに行ってらっしゃったのですか!」 ピカチュウ「ごめんごめん、ちょっとね」 モココ「随分と待たされたぞ」 ミュウ「ミュフフ、文句は言わないの」 モココ「で、どうだ」 ミュウ「大したもんだよ・・・あれは間違いなく一世の英雄だね」 ブースター「ちょっとちょっと、いったい何がどういうことよ」 ピカチュウ「うん、気付いたらミュウ達に異空間に連れ去られて」 ピカ…

続きを読む

第4章第1話「破壊神降臨」

戦神マンダ「・・・初めましてですかね」 モココ「そうであろう」 戦神マンダ「・・・あなた方ですね?エアームド達を背後から強襲したのは」 モココ「その通りだ」 シビルドン「大した奴らじゃなかったがな」 戦神マンダ「・・・私達に味方すると」 モココ「小生らはそのために来たのだ」 戦神マンダ「なるほど・・・では、破壊神はいつ頃現れると思いますか?」 モココ「明日にでも現れるだろう」 …

続きを読む

最近の記事